西武源田 「景色が違う」侍ではサード守備も準備

西日本スポーツ

 西武の遊撃のスペシャリスト源田は三塁でも準備を進める。全体練習後、菊池涼、栗原とともに三塁の守備練習を行った。複数ポジションでの起用が見込まれるだけに「三塁の準備もしっかりしておこうという話はしている。いろんなことを想定しながら全部しておきたい」と、五輪本番に向けて準備に余念はない。

 西武に入団した2017年からレギュラーシーズンは遊撃のみだが、17日の球宴第2戦では三塁と二塁も経験した。「景色が全く違うし、打者との距離感や一塁への距離も違う。できる限りノックを受けたり、打球を捕ったりはしておきたい」と大粒の汗を流した。

 守備や走塁面など、限られたメンバーだけに役割も大きくなる。「守備からだと終盤大事なところになる。ミスなくアウトを取れるように。与えられたところでしっかり仕事をしていきたい」と力を込めた。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング