降格危機の救世主に! 14年ぶりJ1大分復帰の梅崎「いつか戻れれば、と思っていた」

西日本スポーツ 松田 達也

 J1湘南から完全移籍でJ1大分トリニータに復帰した梅崎司(34)が20日、オンラインで会見した。2007年以来の古巣での再出発。「いつか大分に戻れれば、と思っていた。成長した姿を皆さんに見せたい」と意気込んだ。

 梅崎は大分ユース出身で、05年からトップチームで活躍しフランスでのプレーを挟み07年も在籍。08年から浦和、18年からは湘南でプレーしていた。14年ぶりの復帰について「離れている間も、ずっと気になっていた。オファーをいただいて幸せだった」と振り返った。

 19日の練習からチームに合流。片野坂監督からはゴールに絡むプレーに加え、J2降格圏の19位と苦しむチームへの精神的なサポートも求められている。「戻ってきただけで終わらせたくない。攻撃で前への推進力を出し、積極的にコミュニケーションを取ろうと思っている」と誓った。(松田達也)

PR

大分トリニータ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング