丸刈り「禁止」異色の野球部 花園出場の強豪ラグビー部が刺激

西日本スポーツ 前田 泰子

 ◆高校野球大分大会 準々決勝 大分東明6x-5高田(21日、別大興産スタジアム)

 しびれる試合を思う存分楽しんだ。大分東明が9回裏に3点差をひっくり返す逆転サヨナラ勝ちで、9年ぶりの準決勝に駒を進めた。河野監督は「感動しました。目から汗が出ましたよ」と感激いっぱいで振り返った。

 ナインは誰も勝利を諦めていなかった。9回に1死満塁のチャンスをつくると3番林が左中間を抜く走者一掃の3点二塁打。一気に追いつくとムードはイケイケだ。続く4番甲斐が右翼への二塁打で林がサヨナラのホームを踏んだ。

 「打った瞬間、ホッとしました」と甲斐。8回の打席では右翼フェンス直撃の打球を柵越えと間違えて余裕で走っていたところ、三塁を過ぎたところで返球に気づき慌ててホームに滑り込むという「珍プレー」(記録は三塁打と失策)で河野監督から「ダサい」と笑われたが、そこはさすが4番。大事な場面はきっちりと仕事を果たした。

 同校のラグビー部は伝統校の大分舞鶴を破り、2年連続で冬の全国大会「花園」に出場した。河野監督は「エンジョイラグビー」を掲げるラグビー部に刺激を受け、「エンジョイベースボール」をテーマにしている。

 具現化した一つが丸刈りの禁止だ。「丸刈りは楽なんです。髪を伸ばすことで周囲の目もシビアになる」と河野監督。最初は選手も戸惑い、甲斐は「どういう髪形にしていいか分からなかった」。3番林も「散髪が面倒だしお金もかかる」と反対だったが、今は「髪を伸ばしても勝てるところを見せたい」とプラスに捉えている。

 準決勝の相手はラグビー部のライバル校、大分舞鶴。決勝進出を懸けた決戦も「ワン・フォー・オール、オール・フォー・ワン」の精神で一丸となってシード校を打ち破る。(前田泰子)

PR

高校野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング