冨安健洋が地元に寄贈したシューズや代表ユニ 図書館で展示中

西日本スポーツ

 東京五輪サッカー男子日本代表の冨安健洋(22)=福岡市出身、ボローニャ=のサイン入りグッズが、21日から同市総合図書館に展示されている。

 冨安が地元への感謝の気持ちと東京五輪への決意を込めて、同市に寄贈。1階エントランスに、サイン入りシューズやイラストパネルのほか、今回の代表選手のサイン入りユニホームが飾られている。冨安は同市に動画メッセージを寄せて「皆さんの応援を力に変えてプレーしたい」と意気込みを示した。

 日本は22日に南アフリカとの初戦を迎える。

PR

日本代表 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング