「ドラクエ」などトレンド独占 開会式を彩ったゲーム音楽に反響続々…“世論”一転?ツッコむ声も

西日本スポーツ

 東京五輪の開会式が23日、国立競技場で行われ、17日間の大会が幕を開けた。

 205カ国・地域と難民選手団が無観客の会場を入場行進。現代の日本文化を表現するものとして「ドラゴンクエスト」「ファイナルファンタジー」「モンスターハンター」などゲームの音楽のオーケストラ演奏が行進曲に用いられた。

 この演出にネット上も大盛り上がり。ツイッターでは「鳥肌立つ」「泣いてまうやろ」「ゲーマーが歓喜する曲ばかり」などとコメントが相次ぎ、採用されていないゲーム・楽曲へ各自の思い入れをつづる声も続いた。

 日本のトレンドは「ドラクエ」「モンハン」「クロノトリガー」「キングダムハーツ」「テイルズ」など、楽曲が使われたゲームのタイトルが上位を一時独占。投稿の中には「さっきまで開会式に否定的だったツイッター民がゲーム音楽使われてから急に好意的になってる。演出担当は天才ですか?」との声もあった。

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング