「ひな壇こそHKT」曲の披露メンバーに合流、オタク芸、うちわで応援

西日本新聞 古川 泰裕

 リクアワといえば「ひな壇」、ひな壇といえばHKT-。24日、福岡市の福岡国際センターで開かれた「HKT48リクエストアワー セットリストベスト50」(以下リクアワ)では、ステージに設けられたひな壇にメンバーが集まり、さまざまな表情でファンを楽しませた。

 ひな壇は、曲を披露しているメンバー以外でもステージ上に残ることができる場所で、ファンと一緒にステージを楽しむ「リクアワ」の特長の一つ。AKB48グループ全体で開催していた時は、指原莉乃村重杏奈らを筆頭に大暴れしており、1期生の下野由貴本村碧唯も「ひな壇こそHKT」と語るほどだ。

 初の単独開催となった今回は、昼公演の序盤こそ松岡はなをはじめ数人が座っているだけだったが、順位が進むにつれ、村重はもちろん、坂口理子らも率先してひな壇に登場。若干の戸惑いを見せていた後輩たちも巻き込みながら楽しんだ。

 先輩たちはさらに「悪ノリ」、松岡菜摘や本村は「黄昏のタンデム」などの振り付けをコピーして曲の披露メンバーに勝手に合流。下野は愛してやまない同期・熊沢世莉奈に思いを伝えるオタク芸を発動したほか、山下エミリー矢吹奈子が「いじわるチュー」を歌う後方で、矢吹の顔写真が貼られたうちわを持って応援し、ステージを盛り上げていた。 (古川泰裕)

PR

HKT48 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング