栗原が侍ジャパンデビュー 初打席は三振も、左翼守備で出場

西日本スポーツ

 ◆野球日本代表「侍ジャパン」強化試合 楽天5-3侍ジャパン(24日、楽天生命パーク宮城)

 栗原陵矢(ソフトバンク)のトップチーム初打席は空振り三振だった。7回に敵失で出塁した吉田正の代走で出場。左翼の守備に入り、9回2死一塁で抑えの松井と対戦。追い込まれてからも際どいコースを見極めてフルカウントまで持ち込んだが、最後はスライダーへのハーフスイングで三振となった。「自分のやるべきことを全うしたい」と話す25歳は試合後もフリー打撃で汗を流した。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ