相手のバット折った上野由岐子 投球内容に「上出来だったんじゃないかな」

西日本スポーツ

 ◆東京オリンピック(五輪)ソフトボール 1次リーグ 日本1x-0カナダ(25日、横浜)

 日本が延長8回、タイブレークの末にサヨナラ勝ち。4連勝で米国とともに27日の決勝に進み、2位以内が確定した。

 日本は先発の上野(ビックカメラ高崎)が6回4安打無失点の好投。2回一死一塁では6番打者への内角球でバットを折り、投直で一塁走者も戻れず併殺を奪う場面もあった。

 2番手・後藤(トヨタ自動車)の快投もあって粘り勝ち。上野は「ホッとしてます」と吐露して「先制点を与えないことを一番大事にして投げてました。上出来だったんじゃないかなと思います」と投球を振り返った。

 米国もオーストラリアを延長8回、タイブレークの末に2-1で下して4連勝。日本は26日の1次リーグ最終戦でも米国と戦う。ここまで4戦で3先発の上野は「それなりに披労感は出てますけど、泣いても笑っても残り2戦。最後の、ファイナル(決勝)のゲームにしっかり調整していけたらいいなと思います」と静かに意気込みを口にした。

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング