終盤逆転!西短付サヨナラで甲子園あと1勝 エース大嶋176球完投「ここまで来たら気合で投げます」

西日本スポーツ

 ◆高校野球福岡大会 準決勝 西日本短大付9x-8飯塚(25日、久留米)

 西日本短大付が11年ぶりの夏の甲子園へ王手をかけた。

 3点を追う8回に3番林直がバックスクリーンへ同点3ランを運び、9回2死満塁では右中間へサヨナラ安打を放った。西村監督も「最後は祈るような気持ち。(林直の)本来の力です」と大絶賛した。

 エースの大嶋も8失点ながら176球で完投。9回に141キロをマークした右腕は中1日での決勝戦へ向け「今の時代は精神力じゃないと言われますけど、やっぱり最後は精神力。ここまで来たら気合で放ります」と力を込めた。

PR

高校野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング