鹿児島実は決勝で涙「自分たちを見失って焦ってしまった」樟南との“伝統の一戦”は完封負け

西日本スポーツ

 ◆高校野球鹿児島大会 決勝 樟南7-0鹿児島実(26日、平和リース球場)

 鹿児島実は樟南の左腕西田を打ち崩せなかった。

 神村学園との準決勝で延長10回に3点差をひっくり返しての逆転サヨナラ勝利を収めた勢いを発揮できず、7安打を放ちながら得点を奪えなかった。U-15(15歳以下)日本代表に選出された経験のある主将の捕手・城下は「自分たちの“低い打球”を打つことを見失い、バットが下から出て、焦ってしまった」と悔し涙を流しながら、ライバルをたたえていた。

PR

高校野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング