小さな島の野球部、春夏連続甲子園の夢“あと1人”で散る

西日本スポーツ

 ◆高校野球長崎大会 決勝 長崎商5-4大崎(27日、長崎県営)

 大崎の春夏連続甲子園出場の夢は、あと1死が取れなくて散った。

 先発坂本を6回から救援した左腕の勝本は9回2死までパーフェクト投球だったが、連続四球から崩れた。「過去も同じように四球をきっかけに負けた。まだ力不足」と清水監督。それでも、廃部寸前の島の野球部は、2018年に清水監督が就任してから強豪となり、九州王者に輝いて選抜大会に出場するまで力を付けた。

 指揮官は「今の3年生は力がなかったのに、甲子園に行き、県大会の決勝にまで進んだ。すごいことです」とたたえた。

PR

高校野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング