侍ジャパンの“開幕投手”山本由伸「不安を残すことなく試合を迎えられる」

西日本スポーツ

 初戦の28日ドミニカ共和国戦の先発を託された宮崎・都城高出身の山本由伸(オリックス)は「不安を残すことなく試合を迎えられる」と自信をのぞかせた。

 ブルペンではバッテリーを組むことが濃厚な甲斐を相手に、カットボールやフォークなど各球種を確認しながら20球を投げて調整。稲葉監督も22歳の右腕に「どの球も非常に強い。若い力で初戦を行く」と期待した。

PR

プロ野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング