柔道・永瀬貴規が金メダル!日本男子4日連続 ノーシードから耐え抜き男子81キロ級に21年ぶりの栄冠

西日本スポーツ

 ◆東京オリンピック(五輪)柔道男子81キロ級 決勝(27日、東京・日本武道館)

 前回銅メダルの永瀬貴規(27)=旭化成=が、日本男子4日連続の金メダルを獲得した。

 準決勝は21年世界王者で世界ランク1位のカス(ベルギー)に競り勝ち、決勝ではモラエイ(モンゴル)との初対戦を制した。柔道男子81キロ級の日本勢の金メダルは、2000年シドニー五輪の滝本誠以来で5大会ぶり。

 今大会の柔道で、日本男子は初日から全4階級を制覇。男子の金メダル4個は現行の7階級では最多で、無差別を含む8階級が実施された1984年ロサンゼルス五輪と並んだ。

PR

柔道 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング