アピール合戦“開幕” 1軍昇格を目指す「新顔」たちが躍動、工藤監督もワクワク

西日本スポーツ 石田 泰隆

 ◆エキシビションマッチ ソフトバンク4-3DeNA(27日、ペイペイドーム)

 後半戦への新戦力発掘に向け、福岡ソフトバンクが上々のスタートを切った。27日、東京五輪の中断期間を利用して行われるエキシビションマッチが“開幕”。本拠地ペイペイドームでのDeNA戦は、1軍昇格を目指す「新顔」が次々とアピールに成功した。

 先陣を切ったのは21日に入団したばかりの新外国人、アルバレスだ。2番左翼で先発出場すると、初回の第1打席で強烈な中前打。先制点に結びつけると、2回2死三塁では左前適時打を放って追加点を奪うなど、鮮烈なデビューを飾った。

 「チャンスで1本打ててよかった。NPBで野球をする夢がかなって、とても気持ちが高ぶっている。いい集中力でプレーできている」

 新外国人の奮闘に、若手も黙っていなかった。10本塁打、45打点でウエスタン・リーグ2冠王の4番リチャードは、初回2死三塁の好機で先制の適時二塁打。今季の1軍出場には届いていないが、決勝打となる一打で存在感を示した。

 さらに続いた2死二塁の好機では、阪神からトレード加入した中谷が移籍後の1軍初打席で左翼席へ2ランを運んだ。6番野村、8番増田、9番九鬼もそれぞれ二塁打を放つなど、打撃でのアピール合戦となった。

 今回のエキシビションマッチは計9戦を行う。首脳陣はDeNA、ヤクルトとの序盤4試合を若手の見極め期間に設定しており、結果を残せば残り5戦でも1軍帯同の可能性がある。新顔の活躍で奪った初回の3点を生かし、チームは快勝。「見ていて新鮮で、ワクワクしてました」。工藤監督も若手の躍動に心を奪われた様子だった。(石田泰隆)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ