侍ジャパン終盤の同点劇ならず 痛恨の本塁憤死、稲葉監督“リクエスト”も判定覆らず

西日本スポーツ

 ◆東京オリンピック(五輪)野球 1次リーグA組 日本―ドミニカ共和国(28日、福島)

 日本の同点劇は幻と消えた。

 1点を追う8回に先頭の山田が四球で出塁。坂本の送りバントで1死二塁とし、吉田正が左前打を放った。三塁の清水コーチが腕を回し、山田は本塁突入。微妙なタイミングで、アウトと判定された。稲葉監督が審判員にリプレー映像による判定の検証を要求。それでも判定は覆らなかった。

 稲葉監督が球審のもとへ駆け寄って確認を行った後、2死二塁でプレー再開。鈴木誠が二ゴロに倒れ、日本はこの回を無得点で終えた。

PR

プロ野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング