侍ジャパン甲斐祈ったスクイズ「頼む!セーフになってくれ」初球の空振りは“黙秘”

西日本スポーツ

 ◆東京オリンピック(五輪)野球 1次リーグA組 日本4x-3ドミニカ共和国(28日、福島)

 甲斐(ソフトバンク)が重圧のかかる場面できっちり小技を決め、サヨナラ劇を導いた。

 9番捕手でフル出場。2点を追う9回に村上の適時打で1点差とし、なお1死一、三塁で一塁手前にセーフティースクイズを決めた。野選で自身も一塁に残り、続く山田の安打で満塁。最後は坂本が決めた。

 「頼む!(三塁走者の源田が)セーフになってくれという気持ちですね」と振り返った甲斐。初球もバントの構えで空振りを見せた上での2球目だったが「そこは作戦面なので。まだ(試合が)続くんで」と口をつぐんだ。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ