侍ジャパン源田「ずっと準備していた」ここぞの代走で同点ヘッスラ生還

西日本スポーツ

 ◆東京オリンピック(五輪)野球 1次リーグA組 日本4x-3ドミニカ共和国(28日、福島)

 源田(西武)が俊足を生かして劇的サヨナラ勝ちに貢献した。

 9回に村上(ヤクルト)の適時打で1点差とし、1死一、三塁となったところで三走近藤(日本ハム)の代走で出場。甲斐(ソフトバンク)の一塁線へのセーフティースクイズにヘッドスライディングで生還した。「いいところに転がしてくれたのでホームをめがけて突っ込んだ。(首脳陣に)『足の準備は切らずにやっといてくれ』と言われたので、ずっと準備はしていた」。守備でも本職の遊撃だけでなく三塁の準備も進めており、金メダルへ向けてきっちり役割を果たしていく覚悟だ。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング