侍ジャパン平良がピンチで火消し「何も緊張せず投げられた」メジャー実績組ボニファシオ斬り

西日本スポーツ

 ◆東京オリンピック(五輪)野球 1次リーグA組 日本4x-3ドミニカ共和国(28日、福島)

 平良(西武)の火消しが日本に反撃の余地を残した。

 7回に青柳が2点を失い、なお2死一、二塁のピンチを招いたところで救援。米大リーグ通算166盗塁の実績もあるボニファシオを速球で追い込んだ後、変化球で遊飛に仕留めた。

 この日は打者1人の登板。8回は山崎が登板した。試合後の平良の一問一答は以下の通り。

-好リリーフ

 まあ中継ぎとして仕事できたかなと思います。

-試合の雰囲気は

 無観客なので何も緊張せず投げることができました。

-寂しさも

 紅白戦やっているかのような静けさでちょっと寂しいですね。

-好結果で自信も

 そうですね、今日対戦してみて、日本との違い…たまたまかもしれませんけど、日本との違いを感じられたので良かったです。

-次回登板へ向けて

 次は1イニング全部いきたいなと思います。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング