侍ジャパン甲斐がバント空振り→同点スクイズの内幕 稲葉監督「偽装スクイズやってもらった」

西日本スポーツ

 ◆東京オリンピック(五輪)野球 1次リーグA組 日本4x-3ドミニカ共和国(28日、福島)

 「9番捕手」でフル出場した甲斐(ソフトバンク)が同点スクイズを決めた。2点を追う9回。村上(ヤクルト)の適時打で1点差に迫り、なお1死一、三塁で相手右腕の2球目スライダーを一塁線に転がした。代走の源田(西武)が三塁からヘッドスライディングで生還。坂本(巨人)のサヨナラ打につなげた。

 「頼む。(源田が)セーフになってくれ、という気持ちだった」と振り返った作戦は、初球をバントで「空振り」した直後のセーフティースクイズ。稲葉監督は「どうしても同点に追い付きたかったので(初球は)偽装スクイズでやってもらった」と明かした。

 相手との駆け引き面でも重圧のかかるプレーを土壇場で冷静に決めただけでなく、守っても先発の山本(オリックス)ら5投手をリードして3失点。「本当に投手陣の頑張りがあったからだと思う」。扇の要が攻守で好スタートを切った。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ