スチュワート156キロも4失点 1軍先発アピールチャンスで失投悔やむ

西日本スポーツ

 ◆エキシビションマッチ ソフトバンク-DeNA(28日、ペイペイドーム)

 ソフトバンクは先発したスチュワートが5回4失点と結果を残せなかった。

 初回は最速156キロの直球を軸に2三振を奪うなど三者凡退。だが、2回は牧に高く浮いたカーブをバックスクリーン左に運ばれるソロを浴びると、4回には先頭から3連打を浴びるなど3点を失った。「打たれたボールは失投。もう少し厳しいコース、高さに投げないといけなかった」。リーグ戦再開後の先発起用も検討されているだけに、悔しげに振り返った。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ