「総合格闘技でも通用しそう」金メダル浜田尚里にネット騒然 腕ひしぎ十字固め“タップ勝ち”に驚き

西日本スポーツ

 柔道女子78キロ級で浜田尚里(30)=自衛隊=が優勝した。52キロ級、70キロ級に続く金メダル。日本女子が3階級以上を制するのは、5階級で勝った2004年アテネ五輪以来。

 決勝まで全て寝技でオール一本勝ちと、持ち味を存分に生かした快勝だった。

 初戦、パチュト(ポーランド)との2回戦は隅落としで技ありを奪うと、寝技で攻めて横四方固めで抑え、合わせ技一本とした。   

 バビンツェワ(ROC)との準々決勝は中盤までに指導2ずつを受ける展開だったが、ともえ投げで技ありを奪い、続けざまの送り襟絞めで一本勝ちした。

 ワーグナー(ドイツ)との準決勝は、序盤に指導を受けると一気に攻勢。大内刈りで崩し、腕ひしぎ十字固めで仕留めた。

 そしてマロンガ(フランス)との決勝では、早々に相手が投げにきたところをつぶし、寝技に引き込んだ。落ち着いて攻め、崩れ上四方固めで抑えて一本勝ちした 。

 ツイッターは「流れるような関節技」「総合格闘技でも通用しそう」と大興奮。特に準決勝で相手選手が「参った」した姿には「タップアウト」「腕ひしぎ十字固めって総合格闘技だよ」と驚きの声が多く「ぜひ総合格闘技でも見たい。吉田秀彦みたいに柔道着を着て参戦してほしい」などというコメントもあった。

PR

柔道 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング