遅咲きの寝技師・浜田尚里 インターハイ決勝で“秒殺”された過去

西日本スポーツ 伊藤 瀬里加

 ◆東京オリンピック(五輪)柔道 女子78キロ級決勝(29日、東京・日本武道館)

 畳を下りると、険しかった顔に柔和な笑みが広がった。「絶対に金メダルを取りたいと思ってやってきた」。全4試合で試合時間は合計7分42秒。圧倒的な強さで浜田尚里(自衛隊)=鹿児島県霧島市出身=が、日本柔道界最年長で五輪の金色のメダルを手にした。

 30歳での五輪初出場は柔道界では異例。小学4年で始めた柔道のエリート街道を歩んできたわけではない。中学時代は「真剣にはやっていなかった。きつかった思い出もない」と言う。

 転機は鹿児島南高入学後。当時の吉村智之監督に寝技をたたき込まれた。センスも必要といわれる立ち技に対し、寝技はやればやるほど身に付く。器用ではないが、愚直に稽古を繰り返す姿に「一つのことを始めたら徹底的にやる」と吉村さんは目を見張った。ただ、高校時代は同じ階級に2012年ロンドン五輪代表になった阿蘇(現阿蘇中央)高の緒方亜香里が君臨。3年時の全国総体決勝も開始6秒で一本負けした。

 憧れはお笑い芸人のゆりやんレトリィバァさん。口調にも表れるのんびりとした性格だ。それが畳の上で一変する。山梨学院大時代の山部伸敏監督が「格闘家」という本能が目覚めたのは同大4年の秋だった。

 山部監督にロシア発祥のサンボの練習を勧められた。柔道の要素もある寝技や関節技中心の格闘技。抜群の寝技を持ちながら立ち技から移行する技術が未熟だった浜田に「幅をつけさせるためだった」と明かす。

 大学卒業間際には18年平昌冬季五輪フィギュアスケート金メダリストのアリーナ・ザギトワらも通ったスポーツ選手養成学校「サンボ70」(モスクワ)でサンボと柔道の道場を掛け持ち。「新しいなと思って面白かった。無駄に(2カ所の道場を)行ったり来たりしていた」と独特の環境で技術を磨き、14年にはサンボで世界を制した。

 「寝技、関節技がうまい選手はいるが、浜田は怖い」と評され、稽古でも組み合うのを嫌がられる。この日は準決勝まで3試合で相手を転がした後の送り襟絞め、腕ひしぎ十字固めなどで仕留め、決勝は19年の世界選手権で敗れたマロンガ(フランス)を寝技に引き込んで押さえつけた。初の夢舞台でその「怖さ」を存分に見せつけた。

 鋭い目つきの畳の上とは別人のような笑顔で言う。「(柔道を)嫌になるほどやっていないかも…」。遅咲きの花を咲かせた30歳。寝技が変えた柔道人生はまだ終わりではない。(伊藤瀬里加)

PR

柔道 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング