日本、男女混合団体はフランスに敗れ銀メダル チーム一丸で決勝進出も柔道10個目の金ならず

西日本スポーツ

 ◆東京オリンピック(五輪)柔道 混合団体決勝(31日、東京・日本武道館)

 柔道は競技最終日に五輪初採用の混合団体が行われ、日本は決勝でフランスに1-4で敗れ、銀メダルを獲得した。

 1人目の新井千鶴(三井住友海上)が合わせ技一本で敗れる滑り出し。2人目の向翔一郎(ALSOK)も延長で敗れた。3人目の素根輝(パーク24)が指導を受けてから攻勢に出て合わせ技で一本勝ち。4人目のウルフ・アロン(了徳寺大職)が延長で敗れ、後がなくなった。5人目の芳田司(コマツ)が優勢勝ちを許し、1-4でフランスの勝利が確定。6人目の大野将平(旭化成)には回らなかった。

 初戦の準々決勝はドイツに4-2で逆転勝ち。阿部詩(日体大)、男子の大野将平が敗れて2連敗でスタートしたが、新井千鶴、向翔一郎、素根輝、ウルフ・アロンが4連勝した。準決勝ではROCにストレート勝ち。1人目の男子73キロ級の大野将平から4連勝で勝負を決めて勝ち上がった。

 日本は今大会の柔道で前日までで五輪柔道史上最多となる男女計9個の金メダル(男子5、女子4)を獲得していたが、10個目とはならなかった。柔道の団体戦は今大会で初採用。世界選手権では2017年から実施され、日本は今年まで4連覇していた(20年は大会中止)。

PR

柔道 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング