「推して『人生最高だった』と思ってもらいたい」HKT村重、生誕祭で誓う

西日本スポーツ 古川 泰裕

 HKT48チームKⅣの村重杏奈の23歳を祝う「生誕祭」が31日、福岡市の「西日本シティ銀行 HKT48劇場」で開かれた。さまざまな経験を経て、グループに欠かせない存在に成長した1期生は「村重を推していて、『超楽しい』『俺、私の人生最高だった』って思ってもらえるような人間になります」とファンに誓った。

 新型コロナウイルス禍により、生誕祭の開催は2年ぶり。久しぶりに顔を見るファンもいたせいか、序盤は「ちょっと緊張している」と“お祭り番長”らしからぬ一面も見せた。

 ユニットパートでは、チームに所属する1期生5人が勢ぞろいで「万華鏡」を披露。直後のMCも、気の置けない同期同士で楽しんだ。「昔からのファンにいまさら『アイドル』を見せるのは恥ずかしい」と照れると、本村碧唯から「ずっとアイドルなのよ」と突っ込まれる場面も。MCパートが終わりそうになると「まだ、あんまり笑いとれていないけど大丈夫かな」と、笑いに貪欲な一面を見せ、ファンを楽しませた。

 アンコールを2曲終えた後は、本村の進行で生誕祭本番がスタート。仲の良い5期生・水上凜巳花から「ずっと頑張りすぎていて、心配になるくらい頑張っているので、何かあったら頼ってください」と手紙でメッセージを送られ、「こんなに下の後輩ができたんだなって…。後輩をかわいいって思えるようになったのも、大人になったなと思う」と感慨深げな表情だった。

 7月24日に開催された「リクエストアワー」でも、先頭に立ってコンサートを成功に導いた。「以前は『村重なんて早く卒業しちゃえ』みたいなコメントがけっこうあったけど、最近は『卒業しないでほしい』みたいなコメントも見るようになって…。ちょっとはHKTに貢献できたのかな思うとうれしい」と実感を込めて語った。

 5期生の川平聖をはじめ、多くの後輩から頼りにされ、目標とされるようになった1期生。「王道アイドルではないけど、村重みたいな『枠』も一応あるんだよっていうことも見せていけたら」と、後輩に背中を見せ続けることを誓った。本村から「すごく成長した。今のシゲがHKTの雰囲気をつくりあげているし、大事な大事な存在。これからも頑張ろうね」と称賛されると「最強のグループになろう!」と応じていた。 (古川泰裕)

PR

HKT48 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング