退任の井上康生監督は号泣 威信失墜した日本柔道をユニーク手法で復権に導く 全柔連の内規で任期満了

西日本スポーツ 末継 智章

 ◆東京オリンピック(五輪)柔道 混合団体決勝(31日、東京・日本武道館)

 表彰式後に胴上げで3度舞うと号泣した。57年ぶりの自国開催五輪という重圧の中、柔道の日本男子に史上最多の5個の金メダルをもたらした井上康生監督(43)=宮崎市出身=は、今大会を最後に全日本柔道連盟の内規で定めている最長任期の2期9年を終えて、退任する。

 「勝って胴上げさせたかった悔しい気持ちが半分。でも、こんな素晴らしい選手たちと闘わせてもらった。これほど幸せな者はいない」

 2012年11月に就任。同年のロンドン五輪で日本男子が初の金メダルゼロに終わり、柔道界の暴力指導など相次ぐ不祥事で威信が損なわれていた時期だった。「自分で本当にいいのかという不安はあったが、柔道界が力を合わせて一つにまとまれば成功する」と信じて引き受けた。

 心掛けたのは講道館柔道の創始者、嘉納治五郎が掲げた「自他共栄」の精神だった。五輪代表決定前の昨年1月初旬、日本男子代表候補はハワイで約1週間合宿した。真っ先に行ったのがカヌー体験。「選考過程だけど、いかにチームで一つにまとまって強化できるかが重要」。ライバルたちが力を合わせ、慣れない手つきで舟をこいだ。

 不測の事態にも平常心で対応できるよう、高さ11メートルから降下する自衛隊の訓練や茶道の体験など柔道以外のトレーニングも導入。畳の外に出て重圧から解放される瞬間を設け、緊張と緩和のメリハリをつけさせた。

 自身が初優勝した00年シドニー五輪の代表には、既に五輪金メダルを獲得していた吉田秀彦や野村忠宏がいた。「大きいものを背負う感覚を持たずに闘えた」と感謝。監督として自らが批判の矛先になるように選手をかばってきた。

 31日の混合団体。男子73キロ級を2連覇した大野将平が初戦のドイツ戦で敗れた後、井上監督は何度も頭をなでた。監督就任直後の13年に代表入りした大野は「最後に金メダルを掛けられなかった申し訳なさが強いが、それすらも受け止めて『胸を張ってこい』と言ってくださる。選手全員が好きだし、尊敬している。これで終わると思うと何とも言えない」と寂しさを募らせた。井上監督の今後は未定。「この経験をいかに次なる道に生かしていくか。さらなる努力をしていきたい」と柔の道を進んでいく。(末継智章)

PR

柔道 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング