女子バレー1次L敗退、中田久美監督は選手かばう 古賀紗理那の負傷は「想定していなかった」

西日本スポーツ

 ◆東京オリンピック(五輪)バレーボール 女子1次リーグA組 日本1-3ドミニカ共和国(2日、東京・有明アリーナ)

 バレーボールの女子1次リーグA組で日本はドミニカ共和国に1-3で屈して1勝4敗の5位となり、準々決勝進出を逃した。

 中田久美監督の一問一答は以下の通り。

―結果を受けて

 この5年間、五輪でメダルを獲得するということでずっと頑張ってきた。結果は残せなかったけど、選手たちは一生懸命頑張ったと思う。

―勝たなければならない試合。動きが硬かったか

 それが五輪なので。その中でしっかり結果を出さなければ難しい。そういう意味では硬かったのかもしれない。

―1勝4敗で敗退。古賀のアクシデントもあった

 そこは想定していなかったので。全てタラレバになるが、よく頑張ったと思う。

―五輪

 こういう大変な状況の中で戦うチャンスをいただいた。感謝の気持ちだけ。

PR

バレー アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング