マー君のため日本のため、侍ジャパン柳田が殊勲2打点「本当にチーム一丸。みんなの力で勝てた」

西日本スポーツ

 ◆東京オリンピック(五輪)野球 準々決勝 日本7x-6米国(2日、横浜)

 侍最年長の柳田が貴重な2打点を挙げた。

 3回、1点を先制した後の2死満塁で右投手の真っすぐを三遊間へ。遊撃への適時内野安打で自身の五輪初打点をマークした。初戦のドミニカ共和国戦以来のマルチ安打。同学年の田中将(楽天)を援護すると、1点を追う9回1死一、三塁では「初球がファウルだったので、追い込まれるまでに何とかしたいなと思って、当てにいった」と、1ボール1ストライクでヤクルトの守護神マクガフから高いバウンドの二ゴロ。三走の鈴木誠(広島)を迎え入れ、笑みがこぼれた。「本当にチーム一丸。みんなの力で勝てた」とうなずいた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ