J1大分救えるか J3から“飛び級”移籍のMF野嶽惇也「難しい状況でオファーくれたクラブに感謝」

西日本スポーツ 鬼塚 淳乃介

 J3鹿児島からJ1大分トリニータに完全移籍した野嶽惇也(26)が4日、オンラインで会見した。19位と降格圏に沈むチームへの加入に「難しい状況でオファーしてくれたクラブに感謝している」と意気込み、J1残留への活躍を誓った。

 7月31日に大分入りが発表された野嶽は福岡大出身。鹿児島では右サイドバックなどを中心にプレーしており「自分は前への推進力が武器。前向きなプレーで得点につなげたい。ここからが勝負」と決意を示した。

 リーグ戦再開となる9日のホーム川崎戦に向け、片野坂知宏監督(50)も会見した。昨季は優勝に王手をかけていた川崎にホームで1-0と勝利し、優勝を阻止した。ここまで無敗の強敵に対して「大金星を挙げて、大分は鬼門だと言わせたい」と力強く語った。(鬼塚淳乃介)

PR

大分トリニータ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング