カヌー新種目、思わぬアクシデント響き敗退「悔しさ晴らす」本命種目で雪辱へ

西日本スポーツ 末継 智章

 ◆東京オリンピック(五輪)カヌー・スプリント 女子カナディアンシングル準々決勝(4日、海の森水上競技場)

 新採用されたカヌー・スプリントの女子カナディアンシングル200メートルで、桐明(きりあけ)輝子(福井県スポーツ協会)=福岡県八女市出身=はアクシデントの影響で力を出し切れなかった。

 準々決勝の残り50メートル付近で左足を艇に固定するテープが外れて失速。1組最下位で敗退し「出られなかった人たちに申し訳ない」と悔しがった。6日に予選が始まるカナディアンペア500メートルでは2019年世界選手権で9位と健闘。「調子は良いので本命のペアで悔しさを晴らす」と切り替えた。(末継智章)

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング