侍ジャパン決勝進出 稲葉監督が韓国戦の勝因語る「あれが非常に大きかった」

西日本スポーツ

 ◆東京オリンピック(五輪)野球準決勝 日本5-2韓国(4日、横浜)

 日本が終盤に勝ち越して7日の決勝進出を決めた。1996年アトランタ五輪以来25年ぶりとなる銀メダル以上が確定。公開競技だった84年ロサンゼルス五輪以来となる金メダルまであと1勝とした。7日の決勝では、5日に行われる敗者復活3回戦、米国-韓国の勝者と対戦する。

 稲葉監督の一問一答は以下の通り。

―決勝進出

 とにかく選手がこの試合の重要性というのは分かってくれていて、粘り強く勝ってくれたと思います。

―継投の狙いは

 (山本)由伸をある程度、いけるところまでいって、7回、8回は(打順が)左から始まれば大野投手をつぎこんで、右から始まれば伊藤投手をいくと、そういう継投を考えてまして。右から始まったので、伊藤投手からということで継投しました。

―期待に応える投球

 そうですね。由伸も初回にピンチでありながら連続三振で切り抜けました。また優(岩崎)もね、難しい場面のところでなんとか同点までで抑えてくれた。その後も伊藤投手が2イニングしっかり抑えてくれて、本当、みんなが後ろにつなぐという気持ちでよくやってくれたと思います。

―米国戦に続いて終盤に劇的な展開。打者陣が集中力を見せている

 そうですね。見極めも今しっかりできてますし、拓也のフォアボール、あれが非常に大きかったと思いますね。まあ打ちたいところなんですけどね、ああいうところでしっかり我慢して、フォアボールを選んで次につなげたことで、いい方向にいったと思います。

―金メダルまであと1勝

 これまで通り、全員で戦います。

PR

プロ野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング