侍ジャパン山本由伸、ピンチで見せた気迫のK斬り「勝ち越されるのは絶対駄目だと」

西日本スポーツ

 ◆東京オリンピック(五輪)野球準決勝 日本5-2韓国(4日、横浜)

 先発の山本由伸(オリックス)が、気迫の投球で決勝進出に貢献した。

 初回に四球と二塁打で1死二、三塁のピンチを招いたが4、5番から連続三振を奪い無失点。先制点をもらった直後の4回には、相手の中軸を三者凡退に封じた。2点リードの6回に連打で1点を返されたが、なお一、三塁で4番をスライダーで空振り三振。「結果的に打たれてしまったので、勝ち越されることは絶対駄目だという気持ちで投げました」。2番手の岩崎が走者をかえされ2失点となったが、この回を同点で食い止めたことが勝利につながった。

PR

プロ野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング