日本初の銀メダル 池田向希、ゴール後の行動に込めた思い

西日本スポーツ

 ◆東京オリンピック(五輪)陸上 男子20キロ競歩 決勝(5日、札幌大通公園)

 4月に旭化成に入社した池田は、この種目で日本勢初の銀メダルを獲得し、周囲の支えに感謝した。

 東洋大から長距離界の名門に進んだ23歳は大会前、「旭化成はマラソンの文化が古くからあって、強いという伝統もある。種目は違えど、同じ陸上長距離種目なので学べる部分が多くある。社員の方も競技に集中できる環境を整えていただいているし、レースで恩返ししたい」と活躍を誓っていた。

 ゴール後にはカメラに向かって深々とお辞儀。「自分一人の力では結果は出せなかったし、自分一人のオリンピックでもなかった。最後は自然と感謝の気持ちを伝えたいなと思った」と笑顔を見せた。

PR

陸上 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング