メダル獲得ならず森保監督「まだまだ成長しないといけないということ」

西日本スポーツ

 ◆東京オリンピック(五輪)サッカー 男子3位決定戦 日本1-3メキシコ(6日、埼玉スタジアム)

 サッカー男子の日本がメキシコとの3位決定戦に1-3で完敗し、1968年メキシコ五輪以来の銅メダルを逃した。

 試合後の森保一監督の一問一答は以下の通り。

―メダル獲得ならず

 選手たちはこの五輪に向けて、育成年代からずっと本当に頑張ってきてくれて。この五輪の直近のところでも、毎日いい準備をしてくれた。個の良さを出しながらチームで戦っていこうと、みんなが頑張ってくれていた。監督として選手の頑張りを結果に結びつけてあげられなかったことが非常に残念です。われわれのサッカーを期待してくれていた方々に、喜んでもらえる結果を出せなくて非常に残念。

―どんな声を掛けたか

 本当によく頑張ってくれたと。選手たちの試合に向けての努力、五輪に向けての努力は1ミリたりとも疑う余地はないくらい、頑張ってくれた。本当によくやってくれた。きょう勝てなかったということは、まだまだ成長しないといけないということだと思う。この悔しさを糧に彼らにはまた成長してほしい。

PR

日本代表 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング