メダル届かず…冨安健洋は自分責める「ふがいない。本当にしょうもない」

西日本スポーツ

 ◆東京オリンピック(五輪)サッカー 男子3位決定戦 日本1-3メキシコ(6日、埼玉スタジアム)

 サッカー男子の日本がメキシコとの3位決定戦に1-3で完敗し、1968年メキシコ五輪以来の銅メダルを逃した。

 試合後の冨安健洋の一問一答は以下の通り。

―心境は

 ふがいないです、本当。本当に日本というのは、ここぞという勝負どころで勝たない国というのが出たというか。そこを変えていかないといけない。育ってきた環境とかもあると思うので、簡単に変わってはいかないと思うが、変えていかないと勝てない。普通にプレーして勝てるような強い国にならないといけない。

―前半から前線とのバランスが合っていないようだった

 失点が早すぎたのはプランを大きく変えてしまった要因。1点ずつゆっくりやっていこう、とやってはいたけど、そこで慌てずやれるほどの余裕はまだなかった。まだそのレベルなんだと思う。

―左足首の負傷もあった

 本当にしょうもない。ふがいない。不完全燃焼。本当にしょうもないです。

―この世代には、ここ一番での弱さを変えていける素質も

 一人一人が勝てるというか、対面の選手に絶対に負けない自信があれば、全員がいつも通りプレーしていれば勝てる。それぞれが自チームでレベルを上げて、どんな選手が相手でも、いつも通りやれば問題ないというメンタリティーで臨めるようになればいい。目に見えないものなので分からないけど。彼ら(外国勢)には育ってきた環境があって、自然とそういったものを学ばずとも持っているものかもしれない。かといって、それを言い訳にしてはいけない。僕らの当たり前を上げていくことでしか、その差は埋めていけない。

―どう切り替えていくか

 チームでどれだけ刺激のある練習や試合ができるかに懸かっている。全員が自チームで試合に出て、一つでもステップアップして、当たり前のレベルを上げることが必要になってくると思う。

―このチームに可能性を感じた部分は

 可能性しか感じていなかった。僕は準決勝に出られなかったけど、普通に決勝でプレーするイメージをしていた。そのぐらい、みんなのことを信頼していた。今も変わらない。僕らが次の世代の日本代表をつくっていくことになると思う。ここにいる選手が代表を強くしていかないといけない。

PR

日本代表 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング