女子マラソン一山麻緒が日本勢最高の8位、04年アテネ五輪以来17年ぶり入賞

西日本スポーツ

 ◆東京オリンピック(五輪)陸上 女子マラソン(7日、札幌市大通公園発着)

 一山麻緒(ワコール)=鹿児島県出水市出身=が粘りのレースを見せ、日本勢最高の8位で入賞を果たした。記録は2時間30分13秒。

 女子マラソンで日本勢の入賞は、3人が8位以内に入った2004年アテネ五輪(1位野口みずき、5位土佐礼子、7位坂本直子)以来4大会、17年ぶり。

 ペレス・ジェプチルチル(ケニア)が2時間27分20秒で金メダル。ブリジット・コスゲイ(ケニア)が銀メダル、モリー・サイデル(米国)が銅メダルに輝いた。鈴木亜由子(日本郵政グループ)は19位、前田穂南(天満屋)は33位だった。

 女子マラソンは開始時刻が午前7時から午前6時に変更。大会組織委員会によると少しでも涼しい時間帯に競技を行うためで、本来のスタート時間が約11時間後に迫る6日午後8時前の段階で1時間早めるという異例の措置がとられた。

 当初は東京で開催する予定だったマラソンと競歩は、19年11月に国際オリンピック委員会(IOC)の意向で札幌に会場が変更された。

PR

陸上 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング