侍ジャパン甲斐拓也「苦しかった。でも本当にうれしい」一問一答

西日本スポーツ

 ◆東京オリンピック(五輪)野球 決勝 日本2-0米国(7日、横浜)

 野球日本代表「侍ジャパン」は決勝で米国を2-0で破り、金メダルに輝いた。正式競技になった1992年バルセロナ五輪から6度目の出場で悲願を達成した。

 甲斐の一問一答は以下の通り。

―金メダル

 いやあ、良かったですね、はい、本当に、良かったです。

―森下が好投

 アメリカ打線も本当にいい打線ですし、ただね、森下とは引かずに思い切ってどんどん攻めていこうと。守らず、攻めるときは攻めていこうと話をして、森下も本当によく投げてくれましたし、今日、ピッチャー陣、みんな一生懸命投げてくれました。

―大会期間中は

 苦しかったですね。でもこうやってみんなで喜び合えて、本当にうれしいです。

―攻守に貢献した

 うーん、自分のプレーよりもチームが勝ったことが一番ですし、自分が打てなくてもチームが今日みたいに勝てればとも思えましたし、自分どうこうではなくてチームが勝ったのがそれが一番です。

―見ている人に向けては

 スポーツを通してね、野球もそうですけど、僕たちが一生懸命やればね、勇気を届けられればと思いましたし、今こういった状況で野球ができているのも、たくさんの方の協力があってだと思うので、本当にこの大会を通して、いろんなものを感じることができました。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ