後半戦先発内定の笠谷「修正できなかった」4回1失点も4四死球

西日本スポーツ

 ◆エキシビションマッチ 広島1-3ソフトバンク(10日・マツダスタジアム)

 先発の笠谷が後半戦へ不安を残した。

 4回を5安打1失点と粘りの投球は見せたものの、4四死球と制球に苦しみ、唯一の三者凡退だった3回以外は全て得点圏に走者を背負う苦しい内容。後半戦2カード目の楽天戦先発が内定している左腕は「久しぶりのマウンドで調整する時間も多くありましたが、いい投球ができなかった。四球も多く、マウンド上で修正できなかった」と猛省した。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ