「海外でも貪欲にゴールを」J1鳥栖から完全移籍の林大地、パリ五輪にも意欲

西日本スポーツ 杉野 斗志彦

 東京五輪でサッカー男子日本代表として活躍し、J1サガン鳥栖からベルギー1部シントトロイデンに移籍する林大地(24)が11日、佐賀県の鳥栖市役所を訪れ、橋本康志市長ら市幹部に五輪の結果を報告し、新天地での活躍を誓った。

 「オリンピックお疲れさまでした」などと書かれた横断幕を掲げる職員の盛大な出迎えに、林は「改めてすごく応援していただいてたんだなと実感した」と感謝。「メダルを下げて帰りたかった。得点力を磨いて海外でも貪欲にゴールを目指し、次の五輪ではオーバーエージ枠で出られるよう頑張る」と力強く語った。

 橋本市長は、サガン鳥栖での活躍を振り返りながら「海外でもさらなる高みを目指してほしい。これからも応援し続ける」とエールを送った。(杉野斗志彦)

PR

サガン鳥栖 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング