柳田ヒヤリ、直後に2ラン 自打球の痛み耐え

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク-日本ハム(13日、ペイペイドーム)

 ソフトバンクの柳田が自打球の痛みを耐え、23号2ランを放った。

 3番中堅で先発し、初回1死一塁で打席へ。3球目をスイングした打球が右膝付近に直撃。痛みのあまり表情をゆがめて倒れ込んだ。平石、本多両コーチに両脇を抱えながらベンチに退き、プレー続行は難しいかに思われたが、治療を終えてグラウンドに再び姿を現すと、大きな拍手が起きた。

 カウント2-2となった5球目、外角への真っすぐを捉えた打球が左翼テラス席に飛び込んだ。笑顔でダイヤモンドを回った。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ