柳田、自打球の激痛後に「金メダルパワー」 後半戦白星発進で3位と0・5差

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク3-0日本ハム(13日、ペイペイドーム)

 東京五輪で日本の優勝に貢献したソフトバンクの柳田悠岐外野手(32)が「金メダルパワー」を見せつけた。初回1死一塁、自打球の激痛にもん絶した直後に左翼テラス席へ先制の23号2ラン。後半戦初打席での「凱旋(がいせん)弾」でリーグトップを快走だ。先発の石川も8回途中を1安打無失点、11奪三振と快投し、救援陣が零封リレーを完成。4位からの反攻を期す後半戦で最高のスタートを切り、3位ロッテに0・5ゲーム差と詰め寄った。

 五輪金メダリストが貫禄の凱旋アーチだ。初回1死一塁。直前に激痛に身もだえしたばかりの柳田が、後半戦初打席で快音を奏でた。先発の加藤の外角直球を捉え、ライナー性の打球で左翼テラス席に運ぶ先制の23号2ラン。納得の笑みでダイヤモンドを一周した。リーグトップを快走する一撃に「真っすぐをしっかり捉えられた」と胸を張った。この打席の3球目、内角球をファウルした打球が右膝付近を直撃。平石、本多両コーチに両脇を抱えられてベンチに下がったが、治療を受けた後にグラウンドに戻った。大きな拍手を受けた上での一発だった。

 3回の第2打席でも加藤の低めスライダーに体勢を崩されながらも右前へ。東京五輪で全5試合にフル出場して世界一に貢献した男は、反転攻勢を目指していく後半戦のスタートに向けては「いい打撃を増やせるように」と話した。まさに有言実行のスイングだ。

 五輪では守備面を強く意識していた。本職の中堅手が自身だけだったからだ。「国際大会、一発勝負でもミスは命取りになる。中堅は僕しかいなかったから、守備をしっかりやらないといけない」。冷静にチームの状況を把握し、自らの役割を熟知していた。

 だからこそ、反攻を誓う後半戦は打撃面を重視する。前半戦は首位オリックスと4ゲーム差の4位。打線全体が低調だったことも、Bクラスでのターンの大きな要因だっただけに「点を取らないと勝てない。投手に楽に投げてもらえるように」と決意を口にする。

 日本中が沸いた五輪について「本当に独特で、今まで感じたことのないような重圧。疲れ方が本当にすごかった」と振り返る。リーグ連覇と5年連続の日本一を目指す戦いを引っ張る主砲の後半戦初アーチに続き、ベテラン松田も3回に11号ソロでリードを広げた。

 先発の石川も快投を演じた。初めて開幕投手を務めた今季は前半戦で3勝8敗と黒星が先行。一時は中継ぎに配置転換となった右腕は8回途中1安打無失点、11奪三振。板東、岩崎の救援陣が零封リレーを完成させた。岩崎は今季4セーブ目。投打がかみ合い、後半戦の初戦を快勝した。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ