ソフトバンクが史上初6人「ノーノー」継投

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク0-0日本ハム(15日、ペイペイドーム)

 ソフトバンク投手陣が史上初となる6人の継投による無安打無得点を達成した。

 来日初先発したスチュワートが5回を投げ無安打のまま降板。その後は津森、嘉弥真、松本、板東とつないで、9回のマウンドには2シーズンぶりの1軍登板となった甲斐野が登場した。

 先頭の浅間は二ゴロ。西川、高浜はいずれも空振り三振に仕留めた。6人での継投での達成で14三振を奪った。

 ソフトバンクは0―0で迎えた8回に先頭の明石が右前打で出塁。すかさず工藤監督は代走周東をコールし、勝負に出た。期待に応えて周東は二盗に成功。谷川原の犠打で1死三塁の先制チャンスを迎えた。

 甲斐への3球目にスクイズを試みたが、ロドリゲスの投球がワンバウンドとなり、甲斐は空振り。三本間に挟まれた周東はタッチアウト。甲斐は三振で先制はならなかった。

 今季のプロ野球は新型コロナウイルス感染予防のため、9回で打ち切り。ソフトバンクも無得点で試合は終わった。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ