感染対策徹底しても…数日後に迫っていた甲子園初戦辞退の宮崎商 コロナ禍で恐れていた事態現実に

西日本スポーツ 前田 泰子

 第103回全国高校野球選手権大会の大会本部は17日、選手らの新型コロナウイルス陽性が判明している宮崎商の試合参加辞退の申し出を受理したと発表した。医療機関の検査で16日に5人の陽性が判明。17日には13人に増え、保健所から8人が濃厚接触者と判定された。開幕後の辞退は初めて。19日の初戦で対戦予定だった智弁和歌山は不戦勝、宮崎商は不戦敗。出場回数はカウントされる。

 コロナ禍で行われる甲子園で誰もが「起こってほしくない」と願っていた事態が現実になってしまった。17日までに13人の陽性判定を受けた宮崎商が出場を辞退。19日の智弁和歌山との初戦は、選手権史上初の不戦敗となった。「宮崎商の選手の無念さを思うと言葉もありません。悔しさはいかばかりか、残念に思っています」と会見した日本高野連の八田英二会長も失意の宮崎商ナインを気遣った。

 16日に選手ら5人の陽性が判明し、大会本部は緊急対策本部で同校の大会参加の可否などについて協議。17日朝には新たに8人の陽性が判明し、8人が濃厚接触と判定された。主催者の定める感染対策ガイドラインでは、参加可否の判断基準を「集団感染か個別感染かを重要視する」としている。緊急対策本部は「集団感染」と判断し同校へ伝えたところ、同校の門田誠校長が17日午前、辞退を申し入れた。

 大会本部によると、宮崎商は部員と指導者35人が宿舎入り。移動時にはマスクを着用し、食堂では入り口で消毒と検温を実施。食事も個別配膳にするなどの感染防止対策を取っており「ガイドラインに違反することはなかった」とした。陽性となった選手らは主に発熱の症状があるといい、今後の行動は保健所の指導を受けて決める。

 今大会、陽性の部員が出たチームは宮崎商で3校目。雨で日程が延びていく中、17日には甲子園がある兵庫県が緊急事態宣言の対象地域に追加されることが決まるなど厳しい状況が続く。大会本部は「今後も各校に感染対策の徹底を呼びかけたい」と話し、八田会長は「新たな感染が起きないようにガイドラインに沿いながら最後までやりたい」と大会続行に前向きな姿勢を見せた。(前田泰子)

PR

高校野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング