「誇りを胸に堂々と人生歩んでいってほしい」宮崎商・橋口光朗監督

西日本スポーツ 佐伯 浩之

 第103回全国高校野球選手権大会の大会本部は17日、選手らの新型コロナウイルス陽性が判明している宮崎商の試合参加辞退の申し出を受理したと発表した。医療機関の検査で16日に5人の陽性が判明。17日には13人に増え、保健所から8人が濃厚接触者と判定された。開幕後の辞退は初めて。19日の初戦で対戦予定だった智弁和歌山は不戦勝、宮崎商は不戦敗。出場回数はカウントされる。

 宮崎商の橋口光朗監督は大会本部を通してコメントを発表した。

 「甲子園で勝利という目標を立て、これまでやってきた。選手たちの最後の試合を甲子園のグラウンドでプレーさせてあげられなかったのが申し訳なく、無念極まりない」と悔しさを述べ、選手に「辛く苦しい練習に耐え、春夏連続出場を勝ち取るようなチームに成長し、頑張ってきた。その誇りを胸に堂々と今後の人生を歩んでいってほしい」とエールを送った。

 門田誠校長らは宮崎県庁で記者会見し、辞退の経緯などを説明。門田校長は「生徒や関係者の健康を考えると(試合参加は)不可能と判断し、今日朝、辞退を申し出た」と語り「練習を積み重ねてきて春夏の連続出場を勝ち取ったので無念で仕方ない」と悔しさをにじませた。その上で「今後は選手たちの心のケアに努めたい」と話した。

 陽性者は地元保健所の指導で療養施設などに移動し、陰性だった選手や関係者を早急に帰郷できるように調整中という。(佐伯浩之)

PR

高校野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング