西武の連勝2でストップ 山川ソロ、中村2安打2打点も

西日本スポーツ

 ◆ロッテ5-3西武(18日、ZOZOマリンスタジアム)

 強風を切り裂き、逆方向への打球は伸びていった。1点を追う5回2死二塁。4番の中村が右翼フェンス直撃の同点適時打を放った。「走者をかえせて良かった」。ナインの祝福を受け、ベンチに戻っても気合の入った表情で振り返った。

 反撃ののろしを上げたのも中村の執念だった。2点を先制された直後の3回。無死一、三塁の好機でフルカウントからの外角チェンジアップに食らいつき、ボテボテの遊ゴロ間に1点を返した。そして5回に打点の“おかわり”だ。

 後半戦は、ようやく打線が固まりつつある。5試合続けて同じ打順を組み、中村はどっしりと4番に座る。辻監督は「(中村と栗山の)ベテラン2人が4、5番でしっかり打ってくれている。だから山川が奮起しないと」と説明。好調の3番森から両ベテランにつなぎ、6番の山川と重量級の中軸に期待を込めている。

 中村の一打で試合を振り出しに戻したが、直後に守備の乱れもあって先発ニールが勝ち越し点を許した。さらに6回には、ニールが四死球などで2死満塁のピンチを招き降板。代わった十亀がエチェバリアに2点適時打を浴び、中盤でリードを広げられた。8回に山川の14号ソロで1点を返したが、反撃も及ばす連勝は2でストップした。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング