ソフトバンク連敗脱出 8回代打松田大当たり 勝ち越し2点打

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク4-2ロッテ(22日、ペイペイドーム)

 ソフトバンクが接戦を制して、連敗を2でストップさせた。

 2-2で迎えた8回。先頭のデスパイネがハーマンから四球を選ぶと、代走周東が二盗を成功。2死となり、ロッテベンチは真砂の代打長谷川を申告敬遠して塁を埋めた。一、二塁となってソフトバンクは甲斐の代打に松田を起用。松田は初球の変化球を左越えの2点二塁打として勝ち越しに成功した。ロッテは9回1死から代打安田の安打で反撃。2死から代走和田が二盗を敢行。一度はセーフと判定されたが、工藤監督のリクエストでリプレー検証の結果、アウトとなって試合が終了した。

 7回からの2回をパーフェクトに抑えた笠谷が今季2勝目。ベンチを外れた岩崎に代わって9回に投入された板東が、プロ初セーブを記録した。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ