9回を締めたのは板東湧梧 プロ初セーブで岩崎の“代役”全う、工藤監督も称賛

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク4-2ロッテ(22日、ペイペイドーム)

 ソフトバンクの3年目・板東がプロ初セーブをマークした。

 「いつも以上に緊張しました」と振り返る2点リードの9回。先頭藤岡は真っすぐで押して二ゴロ。代打安田には左前打を許したが、荻野は左飛に仕留めた。続く打者藤原の場面では、代走の一走和田が試みた二盗がセーフ判定となったが、すかさず工藤監督がリクエスト。これが覆って試合は終了し、チームの連敗も2で止まった。

 抑え役岩崎の3日連続登板を避けるための“代役”だった板東。チームは2戦連続で9回に失点を喫して敗れていただけに、重圧のかかる登板だったが見事に役割を全うした。工藤監督も「(9回は)特別な重圧がかかる。よく投げてくれた」とたたえた。板東も「自分の持っている力以上のものは出ない。普段通りの自分の投球を心がけた。(捕手の)高谷さんに助けてもらい、本当に感謝です」と先輩にも頭を下げた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ