笠谷は中継ぎで好転、起用場面に期待の表れ/池田親興

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク4-2ロッテ(22日、ペイペイドーム)

【西日本スポーツ評論家・池田親興の視点】

 瀬戸際で踏ん張った。仮にオリックスが勝ち、ソフトバンクが負けていれば6.5ゲーム差。残り50試合を切ってこの差だと優勝は極めて厳しくなる。それだけに大きな勝利だった。

 笠谷はチェンジアップの出来が良かった。真っすぐも低めに集まっていたが、本人の中では走りがいまひとつだったようだ。それでもチェンジアップを軸にできたことで、攻めていくピッチングができた。

 打たれれば負け投手になる同点の場面での登板は難しい。それでもベンチが送り出したことは期待の表れ。そこで結果を出し、ここ2試合苦しんだチーム、そして自身に勝ち星をもたらした。首脳陣の信頼も取り戻し、先発復帰のチャンスもつかんだのではないか。

 今季の笠谷は先発すると中盤に制球を乱すことが多かった。中継ぎでは目の前の打者に集中できていることが、いい方に出ているのだろう。選手は任されたところで結果を出すしかない。今回の投球は先発にも生かせる部分があるはずだ。

 松田の決勝打は制球に苦しむ投手の初球から狙いにいく良さが出た。チームもさることながら、松田自身が元気になるという点でも大きな一打だ。(西日本スポーツ評論家)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ