甲子園の逸材たち「プロ目線」での評価は ソフトバンクの編成トップに聞く

西日本スポーツ 喜瀬 雅則

 異例の長雨で、大幅な日程順延となった今夏の全国高校野球選手権大会も、23日で2回戦が終了した。頂点を目指す戦いが激しさを増す中、ソフトバンクの永井智浩編成育成本部長兼スカウト部部長に、今大会注目の逸材たちを“プロの視線”で評価してもらった。

   ◇   ◇

 今大会は「いい左投手が多い」。その中で「個人として好きなタイプ」とまず挙げたのが、二松学舎大付(東東京)の秋山正雲。初戦の西日本短大付(福岡)戦で完封し「投手として持ち合わせていないといけないものがそろっている」。初戦の東明館(佐賀)戦で完封した日本航空(山梨)のバデルナ・フェルガスも「あの身長(188センチ)で制球も悪くない。鍛えたらもっとよくなる。原石です」

 1回戦の阿南光(徳島)戦で12奪三振の完封劇を見せた沖縄尚学の当山渚は「ウチで鍛えてみたいと思う素材」。他にも北海(南北海道)の木村大成、大阪桐蔭の松浦慶斗、東海大菅生(西東京)の本田峻也の名を挙げた。

 最速157キロの剛腕、ノースアジア大明桜(秋田)の風間球打は「上半身で投げる投手で、近年硬くなっているプロのマウンドに合う」。今大会不出場の市和歌山の小園健太、天理(奈良)の達孝太、高知の森木大智を加えた高校生右腕4人は「間違いなく上位候補」という。

 センバツ準Vの明豊(大分)を完封した専大松戸(千葉)の深沢鳳介は「強い球が魅力で勝てる投手」。広島新庄の花田侑樹は「カットボールが非常にいい」。192センチ右腕、静岡の高須大雅は投球時のテークバックが独特だが「それも一つの特徴」。西日本短大付の大嶋柊も「バランスがいい。今後の成長の足かせになるようなものがない」と期待する。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ