甲子園の逸材たち「プロ目線」での評価は ソフトバンクの編成トップに聞く (2ページ目)

西日本スポーツ 喜瀬 雅則

 打者ではまず、大阪桐蔭の4番花田旭。初戦の東海大菅生戦でバックスクリーンへ本塁打を放った。186センチの長身で「シュッとしたシルエットで、見た感じもプロは大事。活躍するようになったら新庄(剛志・元阪神など)さんみたいになるかもしれない」と大絶賛した。

 智弁学園(奈良)の1番前川右京、4番山下陽輔はともに「振る力がすごい」。愛工大名電(愛知)の二刀流、田村俊介は「飛距離が魅力」と左打者として評価する。京都国際の捕手、中川勇斗も初戦で本塁打を放ち、キャッチングも優れ「あれだけ活躍したら、どの球団も注目しますね」。

 また下級生に好素材が目立ち、2年生では「来年は大注目の存在になるかも」と評したのは日本文理(新潟)のエース兼3番の田中晴也。ともに左腕の阿南光の森山暁生、京都国際の森下瑠大も「今後に期待」。1年生では初戦の広島新庄戦で逆転サヨナラ弾を放った横浜(神奈川)の遊撃手、緒方漣や西日本短大付の二塁手、江口翔人を挙げ、「足りない部分を上積みすると、すごいことになる」と評した。(喜瀬雅則)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ