同点の9回裏1死満塁で中飛、サヨナラ負けの危機救う牧原大のバックホーム

西日本スポーツ

 ◆西武4-4ソフトバンク(24日、メットライフドーム)

 左大腿(だいたい)二頭筋の筋損傷で離脱していたソフトバンクの牧原大が、復帰即マルチで存在感を示した。24日に出場選手登録されて2番中堅でスタメン出場。6回は高橋の真っすぐを左前にはじき返し、7回も増田の真っすぐを捉えて中前へと運んだ。

 中堅守備でも同点の9回1死満塁、森の飛球を捕球して本塁に好送球。タッチアップを試みた三走の川越を刺しサヨナラ負けの危機からチームを救った。攻守で躍動した牧原大は「自分のスイングをすることができた。与えられたところで仕事を全うできるよう頑張るだけ」と前を向いた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ